コンテンツ

 ■ トップページ
 ■ 更新情報
 ■ 技藝社ホームページ
 ■ お問い合わせ
本システムを利用したビジネス

■オンラインモール運営
 オンラインモールの運営とは、売り手であるショップ、買い手であるユーザー両者にとって魅力的な市場を創出することに他なりません。
 サイトへのアクセス数やユーザー数の拡大だけを追い求める必要はありません。
   ・ユーザーにとって、ほしいものが安価に購入できる市場がよい市場です。
   ・ショップにとって、商品を購入してくれる顧客のいる市場がよい市場です。

■テーマ性の高い専門モール
 これまで、小規模のオンラインモールは成立が困難と言われていました。
 オンラインモールの構築と維持にかかる費用に見合う収益が得られないためです。
 本システムの特性はモール構築コスト、運営コストが安価である点です。
 本システムは、特定の興味を持つユーザー層をターゲットとした、テーマ性の強いショップが集合することで成立する中小規模のオンラインモールを運営するのに最適と言えます。

■オンラインモール運営による収益
 オンラインモール運営による収益は以下の3つが考えられます。
   ・出店料金 : モールへのショップ出店者から徴収する地代家賃にあたる料金。
   ・売上従量課金 : ショップ売上額に対して課金する販売仲介手数料。
   ・広告料金 : モールトップページに掲載される広告の広告出稿料金。
 これらの料金は、各モールの市場価値によって上下するべきものです。

■オンラインモール運営の必要条件
 オンラインモール運営には以下の2点が必要不可欠です。
   ・出店ショップの募集 : ユーザーに商品を提供できること
   ・ユーザーの集客 : 出店ショップに集客できること
 これらの条件を満たさないオンラインモールは存在することができません。
 逆に、この2点さえ満たされれば、そこに『市場』が成立することになります。


戻る


株式会社技藝社